FC2ブログ

    記事一覧

    本日2007年11月24日は、対 甲府 最終決戦!

     本日2007年11月24日は、14:04kick Offで、柏レイソル 対 ヴァンフォーレ甲府@日立台。

     tamada2828さんの、「甲府がやってくる!」(http://blogs.yahoo.co.jp/tamada2828/51357181.html )を読んで気づきました。この前、甲府が日立台にやって来たのは、あの2005年12月10日(土)15:04~の、J1・J2入れ替え戦の第2戦(2nd leg)。
     2-6、しかもバレーに6点(ダブルハットトリック)を決められたのは記録で残ってるけど、試合の細かな経過は実は私はしっかりとは憶えてない。スカパー!で辛い思いをしながらも、生中継の録画を見直した筈なんだけど。
     けど、試合中の思いだけは強烈に残ってる(試合開始直後からの応援がひたすら「レッツゴー柏」だった事も)。そして、負けた後の事は、一転して、かなり詳細に憶えてる。面白可笑しくマスコミにウソの記事を書かれない為に、このブログでも「柏レイソル 一般サポ (ほぼ)無言の抗議3時間 」(http://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/19166901.html )と云う記事を翌日(午前02:25…酒を飲んで帰って来て一眠りした後?)にUPしたから。エヴァンゲリオンの忘却曲線、じゃなかった、エビングハウスの忘却曲線の示す通り、反復記憶の成果。また、ケータイで撮っていた写真もあったしね。

     日立台は、今まで様々な降格の舞台となっている。2000年にJ1に一度昇格した川崎フロンターレが、その年に降格する事になったのは、2000年11月18日に、日立台で柏レイソルに1-0で負けたから。ここで降格が決まった。その後、再度2005年に昇格して来た川崎フロンターレの開幕戦が日立台であり、その際にはロスタイムでの川崎の得点で1-1の引き分けとなり、初めての勝ち点を献上する事になったけど。
     2000年~2004年までの間にも、日立台で相手チームが負ければ降格、と云う場面は何度かあったんだけれど(C大阪とか)、柏レイソルの力不足で、実際には首を繋げる場面が多かった。一方、2004年には、柏は福岡とJ1・J2入れ替え戦を戦ったが、博多の森球技場での第1戦、日立台での第2戦共に柏は2点、福岡は0点で柏が勝利し、柏はJ1に残った。
     そして、運命の2005年。2005年11月25日、東京ヴェルディ1969を日立台に迎え、結果は5-1で柏の勝利。このとき柏のコーチを務めていたのがラモス瑠偉であり、このとき大活躍したのが柏の大野敏隆と東京ヴェルディ1969の山田卓也。ラモスは翌年から東京Vの監督となり、大野は東京Vに移籍し、主将。今年2007年、昇格に大手を掛けている。一方の山田卓也は、翌年C大阪に移籍し、降格。戦力外となり、その後米国で再起を期したが、2007年途中に横浜FCに入団し、3年連続での降格を味わう事に。
     2005年の柏レイソルは、下から3番目となり、2年連続でのJ1・J2入れ替え戦を戦う事になったが、2007年12月7日の小瀬では2-1での敗北、そして2007年12月10日、2-6で敗北し、柏のJ2降格と甲府のJ1昇格が決まった。初めて入れ替え戦でJ2のチームが勝ったのが、この試合。そして、翌年2006年も、神戸(J2)と福岡(J1)が入れ替え戦を戦い、2戦ともに引き分けだったが、アウェイでのゴール数を優先するレギュレーション故、神戸が昇格した。

     さて、再度、日立台に甲府がやってくる!勝って、新たな歴史を刻もう。そして、勝ち点50とし、来年に繋げよう。今年50台なら、来年は60~65を目標に出来る。今年、勝ち点が50に達しない様なら、来年の目標は60を超えるのは無謀と云う事になる。

     先ずは、気持ちを新たにするために、2005年12月10日を思い起こそうか。新生レイソルの生まれる端緒となった日の事を。
     もっとも、この日の試合を戦った選手のうち、今も柏にいるのは、南雄太、大谷秀和、平山智規、フランサ、小林祐三、の5人しかいない訳なんだが…そして、フランサと平山は、負傷中ゆえ、今日の試合には出る事が出来ない。
     なお、甲府には、茂原岳人(住居侵入事件で逮捕され、柏から期限付移籍中だった川崎フロンターレを解雇。保釈されたが、逮捕後、約1ヶ月後に柏からも解雇。更にその約1ヶ月後、甲府に練習生として入団し、1ヶ月後に契約に至る)、羽地登志晃(2007年期中に、徳島から移籍)、杉山新などの柏経験者がいる。申し分の無い因縁試合。
     モチベーションとしても、こうした因縁でサポは盛り上げるし、甲府は2勝すれば自動降格圏内からの脱出が見込める為、全力で戦って来る筈。

     で、2007年12月10日を思い起こす為の写真。写真は、ケータイでの撮影なので、資料写真としての意味合いしか持てない代物だけど(また、その意味で撮った)。全ては降格が決定してからのものです。

     先ずは、17:27(試合終了後30分経過)。相当数の人数が残っているのが判ります。

     


     


     17:28。ゴール裏がフロント批判の横断幕を取り外し始めました。

     


     横断幕の画像(他の写真はサイズを縮小しているが、これはトリミングして、そのまま)

     


     更に時間が経過して、18:17。

     





     18:18。

     


     


     


     18:20。

     


     18:35。試合終了後、1時間以上、経過。この時点で残っていたのは、私が数えたところ約250名。

     


     18:37。

     


     


     


     本日の試合に先立って、2007年11月23日、柏レイソルは来季の戦力外選手を明らかにした(http://blog.reysol.co.jp/news/2007/11/post_56.html )。佐藤由紀彦、平山智規、石舘靖樹、大河原亮。平山は、降格した際、横浜F・マリノスからのオファーを断って柏に残った選手であり、石舘は降格した柏からのオファーを受けて大学を中退してまで加入してくれた選手。大河原も降格した柏に加入してくれた選手。由紀彦は、かなり意外だったが、年齢とこの数ヶ月のパフォーマンスの影響?31歳と云う年齢を機械的に判断したのでない事だけを望むが…加藤望の件もある事だし。右MFの人材ストックが厚くなり過ぎた事の調整と思いたい…。
     残念であはるが、これもサッカー・クラブの宿命ではあるんだろう。甲府に勝って、いい雰囲気の中、これらの選手を送り出してあげたいものだ…。

     柏は、Jリーグの公式戦の中では、今まで3度対戦しているが、今まで全て負けている。ここで勝たなければ、一度も甲府に勝利出来ないまま、甲府がJ2に降格して行く可能性が大きい。
     ホーム最終戦でもあるし、甲府からの勝利を熱望している。精一杯、応援するぞ~!
    関連記事

    コメント

    No title

    2007年11月24日の結果は、2-1での柏の甲府に対する初勝利。よって、ここに2007年シーズンの甲府の自動降格が確定しました。J1・J2入れ替え戦に回るチームは、得失点差から事実上、サンフレッチェ広島に確定しました。

    J2側はどうなるのでしょうか?

    2008年シーズンで1年でのJ1復帰を甲府が決め、2009年度のシーズン開幕戦が、柏 対 甲府@日立台、である事を切に願っています。

    No title

    よく見たら、2007年1月24日のスコアは、2005年12月7日のJ1・J2入れ替え戦の結果を逆にしたものですね。って事は、2009年以降の甲府との開幕戦では、6-2で勝たないと!

    2005年12月10日の出来事は、エル・ゴラッソ2007年11月23日付第8面の郡司聡氏の囲み記事でも書かれています。

    スカパー!の生中継の伝えるところでは、2年前(2005年12月10日)の入れ替え戦の敗戦時には見えた富士山(甲府の象徴?)、今回(2007年11月24日)は見えなかったそうです。

    No title

    さて…試合に勝利したんだから、早いとこ、ブログのTOPページの写真を入れ替える為にも、写真入りの記事をUPしないと、ね

    No title

    こんにちは。公開してもらってから理由はわかりませんが数ヶ月に一度くらいの間隔でここを開いてしまいます。なんでだろ。
    今はチーム状態もそれをとりまく環境もこの頃とは全然違いますが、もうこういうのは御免ですね。

    No title

    >なおとさん:

    何回もご覧になっているとしたら、それは私があんまり記事を書いてないから…てのが本当かも知れませんが、なおとさんがこの2007年11月24日の試合で、佐藤由紀彦や平山智規への思いの籠もった文章を書いているからでしょう。その思いが、ここに投影されているのではないかと思います。

    今季2008年シーズンは、上位チームがなかなか勝ち点を伸ばしていない所為もあって、恐らく下位3チームとそれ以外を分ける勝ち点は、35~40の間になるのではないか、と考えます。2005年の柏レイソルの勝ち点は35、一つ上の清水エスパルスは39だった訳ですから。ちなみに、この年の優勝チームはガンバ大阪ですが、勝ち点は僅か60(現在2008年シーズンは、鹿島アントラーズが残り試合を全勝したとする勝ち点77が可能性のある最高値)。

    まだ、柏は降格圏内を脱していません。頑張らないと。

    No title

    ちなみに、次節の対ジェフ千葉戦は、天王山。これで千葉が負ければ、千葉にはまだメンタルで問題がありますから(柏にも同様の問題はあるけれど、前節の対浦和戦でのアディショナルタイム終了直前でのフランサのゴールの経験が糧になる筈。今までの柏は、こうした形での勝ち点ゲットの経験が無さ過ぎた。逆のアディショナルタイム終了間際でゴールを入れられ、勝ち点を失った経験はいくらでもあるけどw)、悩みながら打開出来ずに降格に向かう可能性も。そうでない場合は(引き分けか、柏が負けの場合)、柏は勝ち点を一つずつ拾って行く覚悟が必要になります。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    累計の訪問者数

    Profile

    レイ豚@日立柏酒場裏

    Author:レイ豚@日立柏酒場裏
    Yahoo! Blogsにいたのですが、同ブログ・サービス終了により、このFC2ブログにデータを移行し、2019年8月29日以降、こちらをメイン・ブログとしています。

    このブログの2019年4月以前の記事は、もともとはヤフー・ブログにあったものを当ブログに移行して来たもの。一方、2019年9月以降の記事は、始めから、このブログに向けてUPしたもの。2019年5~8月の記事は、このブログに向けてUPしたものと、ヤフー・ブログから移行して来たもの(他ブログを経由)が、混じっています。

    私は個人的には決して元号を用いる事はありませんが、このブログのURLにreywaの文字列を含むのは、そうした経緯から、です。

    特定日の記事の一覧表示

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    特定月の記事の一覧表示

    書庫内の記事の一覧表示

    最新トラックバック